フリーのニューボーンフォトグラファーとチームのフォトグラファーとの違いやメリット

私達、スリーピングニューボーンフォトのフォトグラファーは、チームに所属しています。
「カメラマンがチームに所属って何だろう?」
と思う方も多いのではないでしょうか。私達チームのメンバーは、チーム内において様々な業務がしっかり分担されている中でそれぞれの仕事に注力出来ています。それがチームに所属するという最大のメリットですのでたっぷりご紹介したいと思います。

チームの中の大まかな作業の流れとしまして、産院にいらっしゃるお客様からまずご出産のご連絡があると、チーム内のカスタマー担当者がお客様にご出産お祝いのメッセージから始まる第一段階のやりとりをします。その次に、お客様と撮影日時の調整をすることから私達フォトグラファーの役割がスタート。撮影準備をして産院様へお伺いし、楽しく撮影しながらフォトアイテムのご紹介などをしてお会計、撮影が終了します。

撮影後は、自宅などで納品する画像のチョイス、簡単なレタッチ作業を進めます。それを終えるとその後の作業はなんと「レタッチャーやカスタマーに後の作業はおまかせ」なんです!

画像のレタッチは撮影後に多くの時間を費やす作業でフォトグラファーの負担の一つです。しかしスリーピングニューボーンフォトのチームでは、レタッチや商品デザインなどは作業に精通した専属のレタッチャーやデザイナーが行います。作業後お客様への納品はカスタマー担当者や発送担当者が行います。納品までの間も、お客様からお問い合わせなどがあれば都度カスタマー担当者が対応をします。その他色々な業務も役割が決められておりますので、スリーピングニューボーンのフォトグラファーは「撮影にしっかり専念出来る」という環境があるのです♪

一方、フリーランスで働くニューボーンフォトグラファーについてはどうでしょうか。お客様からお仕事を頂くべく様々な宣伝・集客をすることから始まり、ご依頼を受けたら撮影準備~撮影~会計~レタッチ~納品など、全ての業務を行う必要があるフォトグラファーも多いと思います。お仕事があるかどうかはその方の集客力にかかっているといってもいいほどで、ここが収入に直結しますので悩みの種の一つになることもあるのではないでしょうか。

反面、スリーピングニューボーンフォトでは、産院様と提携しておりますので、お子様がお生まれになると日々撮影のご依頼が舞い込んできます。フォトグラファーは各担当産院を持ち撮影をしているのですが、出産が多く重なる時期は体一つでは足らずうれしい悲鳴をあげることも・・・!

さらに、フリーランスのフォトグラファーは撮影に使用する機材や衣装類に関しても全て自身でそろえる必要があるのではと思います。スリーピングニューボーンにおいては、会社が機材や可愛い衣装などを支給してくれますので、初期投資の面でも違いが大きいですね。自分で集客する必要がなくコンスタントにお仕事をさせて頂くことが出来る、これもフリーランスのニューボーンフォトグラファーとの大きな違いでありメリットとなっています!

最後に、チームに所属している私からチームのありがたみを感じることの一つとして、体調不良などの突発的なケースの際に他のフォトグラファーがフォローに入ってくれるという点です。自分がもしフリーランスのフォトグラファーなら、自分や家族が体調不良の際はお仕事に穴をあけてしまうかもしれません。チームに所属しているフォトグラファーは自分のメイン担当の産院以外にも撮影に行きフォローすることが出来る体制になっていますので、「困った時はお互い様」の気持ちをもって助け合って撮影をしています。私も何度助けて頂いたことでしょう><他の方が撮影に入れない時は自分もフォロー出来るように努めています。

私は二人の子育てをしながらこうやって日々働かせていただいています。まだまだ手のかかる2歳と4歳の子供達がいますが、子育てをしながらフォトグラファーとしても高みを目指し活躍することが出来る、そんな働くママフォトグラファーにとっては本当にありがたい環境!様々な面においてチームに所属しているというありがたみを日々感じている日々です^^

*―――――――――――
Sleeping Newborn Photo
―――――――――――*
スリーピングニューボーンアカデミー詳細はこちら

スリーピングニューボーンフォトアカデミー

ニューボーン(新生児)専門のフォトグラファーとして活躍できるアカデミー。写真の技術だけでなく、産後のママとのコミュニケーションの取り方など現場でしか学べないスキルが身に付きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です